FC2ブログ
SMクラブ埼玉の会、会員SM調教日誌から選んで記載、一記事完結

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「突いて、、もっと突きまくてぁー」

この様な喘ぎ声の主は勿論私です、突いている人ですか?・・

ええ今雑踏知り合った男性ですょ、

体力が有りそうで少しお金をねだってもいいかなと感じの人だったから、

あらこう見えても一月前は程貞淑な妻でしたわ、

今でも夫の前では貞淑ですわ、

何故援助交際的な事をしているのか知りたいですか答えは「精神の解放です」

此方に主人の、勤めの関係で越して来たのですが、周りに友達と呼べる人も無く、

隣の学生の部屋の明かりが、帰りの遅い、主人を待つ私の唯一の心の支えでした、

何時かはお礼をと考えていたので、一月前に実家から特産のお茶など大量に送ら

れてきましたのを幸いに、お礼かたがた、お裾わけに隣の大学生の部屋のチャイ

ム鳴らした時から、始まりましたのピンポン2度目です扉を開けた学生は上半身裸

で現れ結構発達してをり、胸毛なども野性を感じさせるようでした、

「あのーこれ実家からお送てくて来たので」

「あぁ、有難う、少し待って」

奥に行きました、音楽に乗せて、甘い香りが漂ってきます

「これ、お返しです」

小さな袋を渡します、葉っぱの乾燥した様な物が入っており、匂いを嗅ぐ

とハーブに似た香りがします

「あのー」

「細かく刻んで飲み物に混ぜてください」

と言い扉が閉じられました、

(飲むわけ行かないよねこんな薄気味の悪い物)

その夜何時も道理遅く帰宅した主人は会話も無く既に寝息、

私はまんじりとし寝れません

(あれを飲むといいのかも知れない、学生はあの時目がトロンしてたもの)

さそく紅茶一口二口味の変化はなさそうで本来の紅茶の味がし全部飲みほした、

暫くするとふぁと身体が浮いたようになり、可笑しいと思い辺りを見回すと、

壁がグニャりと曲がって倒れてくるように見え、

其れだけでなく部屋が凹凸レンズで覗いた様に変形しだしのです、

そのうちこめかみがヒックヒツク痙攣し始めたのです

得体の知らない物を飲むじゃ無かったと後悔した時、

下腹部に異様なざわめきを感じたのです、膣の内壁がピクンピクン

脈打ち感覚に襲われ、奥からジワジワと押し寄せてす、オナニー経験

もない私は疼く感覚を知らない私は暫くは堪えていましたが、

たまらず指は股間に吸い込まれます、後は一人で快楽の世界にひたり、

あくる日ピンポンー

「あのー昨日頂いたもの美味しいので・・・」

「丁度僕も達も飲むとこです、どうぞ中に」

其処には全裸の4.5人の男女がいてすでに及んでいました当然私も仲間入りです、

「突いてぇー」

「モットモット奥に」

アナルを出せと言われれば突き出し切れょうが快楽の方が勝り痛みは感じません、

その後4.5日置きに行われるパーティーに呼ばれ女性が居ないときは全員を相

手しましたわ、3Pなど平気です現在では、

しかし快楽は若い男性の一本やりに飽きてきましたの、しかし求める快楽は深く、

始めの内はただで呉れた葉っぱも、買わなくて行けなくなったので、

お金も欲しかったので

「お茶しませんか」

の言葉に私は腕を絡ませにいったのです

この様な気分味わえるなら何度でも致しますわよ援助交際を体力のある殿方を選んで、

だって3回はして貰わないと疼きが止まりませんもの・・・・もっと突いてー
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。