FC2ブログ
SMクラブ埼玉の会、会員SM調教日誌から選んで記載、一記事完結

2019/031234567891011121314151617181920212223242526272829302019/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「がはっ、ふぐぁ」ビシ「ひぃーぃ」

両親の寝室から聞こえてきます、私は自分の部屋でバックから突かれ

「くふうぅ」

勿論拘束され首輪しています、そして突き上げてるのは大好きな2つ

違いの「おにいちゃん」血の繋がりは有りません

子連れ同士の再婚で私がこの家に来たのは高校に上がる前の休みの間です、

何と同じ学校に通う様に成ったのです

顔合わせで逢ううちにお兄ちゃんに魅せられいたのです、

家に入ることが決まった時は、秘かに「バンザイ」です

そして2年の夏に処女を捧げることに成功しのです、

大学に入った兄は演劇部に、そのせいか良く女性なんかが

兄の部屋に消えていのが多く成りましたヤバイと考えた私は実行に、

珍しく家に居た兄に扉越しに

「お兄ちゃん入っていい」

「いいよ、」

入ると兄はパソコンに向かい何やら書いています

「何書いてるの」

「子供には解らないょ」少しムッ

「子供じゃないょ」

と云うと兄の手を掴むと乳房に充てました、そして

「大きいでしょう、揉んで」

振りほどこうとする兄に

g08.jpg

「抱いてお願い」

飛び付きました、兄のズボン引き降ろし、咥え様としましたが、

以外に大きくて入りません焦れば焦るほど上手くいきません

「そんなことじゃ駄目だと」

言いながら両乳房を螺子あげたのです

「ひぃぃぃー」

不思議と突き上げてきたのです、痛みが

増ほど激しく燃えてくるのです、天性のマゾの目覚めです、

兄はサドの目覚めです

「ふん、どう料理しょうが」

「咥えろ5分で逝かせろ」

いいねじ込んできました私は膣は愛液まみれです、

「ジュッジュッ」

逝きません「後向け」腰を抱えアナルにツバを

穿きかけ押し当てて一気にズボ

「ひぃーさけちゃゅゅゅ」

バタ痛みで倒れた訳では有りません、そう失神です快楽の若い二人の

飽くなき快楽の開演です犬のスタイルで処女喪失、

未だに正上位未経験今日も続く親子のSM競演・・・・

しかしお兄ちゃん何処覚えたのかな不思議・・・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

「うぅぅ・・、ぃいぃ」

「ひいいいぃ」

「おね・・が・・い、入れて、チン○入れて」

サルグッワで、塞がれて、声は出ません

鼻フックをされ、卑猥な言葉を投げかけられて、

燃える私は、自分で言うのもなんですが、

社内で一番の美女と言われスリーサイスもまぁまぁのOLです、

私をこの様な、声を挙げさせている、男は、到底美男子と云えぬ男です、

えぇ私はこの人の、牝に性処理奴隷に成ることには抵抗は有りませんのよ、

だって初めてセックスの奥に連れて居て貰えたのですから。

初めてアクメの声をあげて今日で今日で五日目です、

もうノーマルなセックスには引き返せないところまで来ましたね、

毎朝の通勤電車を気分転換に、何時も乗り込む車両より後の車両に

乗り込んだ時に、今声を挙げさせている、男性が居ました

始発電車なので座っていけます、

「すいません、チョト詰めて貰えますか」

「どうぞ」

43-1.jpg

男性は座るなり、書類を広げ、何やら思案げです、

何気なく目をやると偶然にも、私が勤務する会社の名が記入してあり、思わず

「あら、私の会社ですわね」

「あぁ、では引率して下さい、不案内もんで」

「いいですよ」

「今度の件ですか」

「そうなんですが、予算が少なくて、随分考えましたよ」

「すいませんね、」

「貴方にに、謝ってもう事は無いですょ、受けた私がバカなだけです」

「そうですか、実は、私が言い出しペ、ですのよ」

「あぁ、そうですか、では貴方に考案代を請求しないといけないかな」

「あら、私が払うんですか」

「えぇ、払ってもらいます、食事付き合って下さい」

「それ位でしたら、構いませんは」

「善は、急げで、今日は」

別段、用事も無い私は

「好いですわ」

「では、都内は久しぶりになので、美味い所ご存知」

「別に、有りませんが・・」

「では、任せて貰いますが、何がいいですか」

「肩の凝らないとこで」

「解りました、カンターしか無いですけど、美味しい肉を食べさせる所が有りますが」

「ええ、其処でいいですわ」

「決まり、何時に出られます」

「5時半には」

「では、私は別のところも廻って6時半に」

電車を降り、行きすがら、待ち合わせの場所を決め、其れぞの仕事に・・・・

6時半少し前に行くと、男性は既に来ており、本を読んでいます。

「何時間ぶりかしら」

「9時間振りかな」

「では、何処に連れて行って貰えます」

「天国」

冗談だと思い、私も

「では、天国に連れて居て貰いますわ」

「はい、解りました」

タクシィーに乗り込むと男性は

「△練馬の、□の店に、近場に来たらナビします」

良くいくのか、可なり詳しそうです、

「喰い盛りの、若いもんを、連れて行くんですよ、安くて、本当に美味いですよ、貴方みたいに」

「あら、私美味しいですか」

「ええ、頂ければネ」

「私も、貴方を頂きたいわ」

「はは・・忘れ無くなりますよ」

他愛のない会話を交わしながら、車は目的地に・・・

10人も座れるでしょうか、本当にカンターだけの店で、

マスターの好みか、店内はウェスタン風に纏められており、

雰囲気のいいお店でした。

生憎奥の方しか二人分の席が無く其処に落ち着きました。

男性は300グラムでその他色々付いて、食べきれるかと心配する量です、

私は180グラム、胃に収まるか如何か解らない量です、お喋りしながら、

40分位で食事も終わり、外へ、歩き出すと、私は何故か、男性の腕に、

腕を絡ませています、快楽のいぇ、奴隷の道に進む一歩とは、知らずに・・・

公園を抜けて行くと、駅に近いからという言葉に素直に頷き、二人で公園に

周りには住宅は無く、其のせいか人影は見当たりません、丁度中ほどに来た時です・・・・

「今度は、下の肉を食べて貰いましょうか」

バシと、殴られていないのに、疼痛が走ります、続けて2,3度、

「ひっ」

「早く、下の肉を咥えないと更に痛いですよ」

「ひぃぃ」

先ほどより、強みの増した、疼痛が頭を突きぬけます、

肩を強い力で押さえつける様にして、顔を股間まで下げ既に

男性はそそり立った物を出しており、

「咥えろ、豚」

観念した私は、口を近づけ、鼻にアンモニァ匂いがする肉棒を口に含み、

頭を動かします、

「こうして、観ると盛りの付いた犬だな」

「尿道を舌先て突くょうにしろ」

とか亀頭の裏を舌先で舐めろ、色んな指示がだされまれ、その様にしても

「違う、突くょうに」

「下手くそ」

私は、訳も分からず、必死に成って、言われた様にしているのですが、更に

「こんなことも、出来ないのか」

「美人だと、思ってお高くとまるな」

段々と、如何して好いか解らず、頭の中が空白の部分が広く成ってきます、

思わず男性のお尻に手を回し引きよせるようにして、

喉の奥に、が男性は満足せずに

「駄目だ、舌の裏を美味く使え」

空白が私を支配した時、男性は、胃の中に直接出す様に行き良い良く、

精子を口の中に出しました、

「ぐぐっ」

やっと、解放された私は、膣が濡れているのに気が付き、

幾ばくかのマゾ性を認めなければなりませんでした。

男性は、分身を仕舞うと、まだ虚ろな私に

「帰る、後の楽しみは電車の中だ」

「・・・・・」

公園を抜け駅に向かいますが、男性は、言葉による虐めが続きます

「其のく口に、何人の男を咥えた」

「・・・・・」

返事をしないと、先ほどの疼痛が走ります、しかし、疼痛が微妙に、

快感に変化しているのです、しかも言葉の虐めさえ

心待ちにしてる様な気さえします、

「ま、いいよ電車降りる頃にはチン○が、入れてとせがんだって知らないよ」

強弱の付いた、疼痛が繰り返し襲ってきます、その様にしながら駅に到着、

電車に乗り込み、すし詰め状態ではありませんが

男性と向かい合う形で電車の揺れに身を任せています、手が乳房、

股間にへと色んな所に伸びてきます、しかも耳元で

「たっぷり、濡れている」

しかし、是は序の口で、膣近くに例の疼痛が走ります、

是が快感に変質したのは言うまでも有りません、先ほどより弱い

疼痛と云うよりは、男性の動きによって得られる快感に近い物でした

「あぁぁ」

思わず、声を出すと男性は更に器具を充ててきます、

膣に溢れんばかりの蜜を湛えているのが解ります、腰か゛

砕けそうに成ると片腕で支え中断し、立ち直ると、又始まります、

こんなことが何度か繰り変え其れ、男性が言った様に入れて欲しいと思

う様に成りました

電車は朝乗り込んだ駅に到着、私はすがる様に男性に捕まり降りて行きます、

「お、お願」

「何がです」

「疼きを止めて下さい」

男性は無言で改札を出ます、そしてトイレの方に向かいます

「盛りの付いた犬は所かまわずするから」

「・・・・」

「お前はトイレでしたいだろ」

「・・・・」

無言でいると、

「今すぐチン○欲しいと言え」

「はい」

強い刺激が走ります、疼痛が完全に快楽に変化しているのです、

涎を垂らさらんかの様に

「チン○が欲しいです、今すぐに」

男性トイレの個室に連れ込むとショーツを取ると私の口にねじ込み、

片足を抱え一気に突き入れてきます

受け入れる準備は、既に出来ているので、一気に昇り詰めます。

暗闇の世界から引き戻されたのは例の疼痛です、口からショーツをとり

「ふふ、如何でしたか今日のお楽しみは」

「良かったです」

「だいぶ素直に成りましたね」

便座に手を突く様にして後を向けと今度は、支配者の様な有無を言わ

せぬ命令が、口には又ショーツが入れられ背後から

一気に奥まで突き入れてきますアナルに

「ひーぃっ」

少し動かし甘味感触がしかし引く抜かれ、膣に入れてきます、

そしてアナルにこうして二つ穴で言いようのない快楽を

味あわされ、男性の術中に嵌った事を認めないないわけにはいきません。

男性は、明日の19時30分には帰ってこいの命令です、

退社して直ぐに電車に乗って辛うじて間に合う時間です、私は

「はい」

こうして、醜い奴隷にと変貌する一日が終わろうとしています、

帰宅しても一人暮らしの切なさが募るばかりでつい、

股間に手が行きます、結局は一睡も出来ず花金と言われる朝を迎え、

昨日男性と知り合った車両に乗り込み

辺りを見渡し、男性を探す自分にうろたえています、

しかし男性は居ません、後12時間立たないと逢えないのです

勤務を終え、帰宅の途にと急ぎ足で駅に、後ろからバッと云う疼痛が、

振り向くと男性が

「緊急に呼び出されたもので」

見る見る内に膣に温か物が溢れてきます、

「直ぐに入れて」

ビルの谷間には人目の付かないところが至る所にあります、

私はもどかしく掴みだすと口に含み、分身を大きくしますが

一向にかたく成りません、バシ昨日と違う痛みが走ります

「下手くそがいくらしても駄目だ」

「・・・・」

「今日から本格的に牝の調教だ」

言いながら、ショーツを引き下げバイブを膣に、

「歩け、食事に行く」

「あっ、はい」

リモコンのスイッチを入れたり、切ったりしながら、

ホテルのダイニングに、男性は適当に料理を注文するとワインは

と私に聞いてきます、私はウェイターに赤を頼もうとした時、

バイブが動き始めます

「ひっ、ア赤の・・・」

平静を装いながら注文すると、異性の付き合いを聞いてきます、

「何人」

とか、現在の恋人など、様々聴いてきます、特定の異性は居ないと答えると、

「ふーん、仕方が無いか、下手くそだから」

売り言葉に買い言葉で私は

「では、美味く成る様に、仕込んで下さい」

「では、日曜の夕方までに変身させましょうか」

「はい」

「その代わり、私の云うことに、従って貰います」

「・・・・・」

食事が、運ばれてきます、膣のバイブも止められ、平穏に食事を終え、

男性がポーチから何かを取り出し、

「飲め、薬物では無いから、強いて云うなら女性版バイアブラかな」

私は手を出して受け取り喉に流し込みました、ダイニグを出た私達は、

其れ専用のホテルに消え、部屋に入ると直ぐに全裸に成る様に言われ

脱ぎ終わると、鼻フックを施され鏡の前に

「如何だ、是がお前の本当の顔だ」

言いながらロープ掛けて行きま、何縛りか解りませんが乳房は根元から

絞る様にして、腕は1メーター位の棒を肩と

水平に成る様に固定され、肘から先はぶら下がった状態です、

口には矢張りフックで横一文字広げられています、

其の過程を鏡を見せられながら

「盛りの付いた牝の姿だ」

など、有らぬ言葉で責めます、

「座って、大きくしろ」

上を見上げると、

「何だ、」

口のフックを外してと、お願いしょうと、声を出しますが言葉に成りません

「はふしして」

「ちゃんと、喋れ」

無理に口をこじ開けようとして、逸物を口に押し当てます、

開けようとすると横に広げられた口端に痛みが走ります

「ソロソロだな」

「・・・・」

そう、貰った錠剤は下剤の薬でした、先ほどから便意がしていたのです

「早く、口で行かさないとトイレには行かせないよ」

口端の痛みをこらえて、含みますが中々旨く行きません

身体に汗がにじみ出てきます、手の重みに耐え、口端の痛みに耐え

便意に耐え、自分なり一生懸命フラチォをしますが

「へたくそ」

良く、撓る鞭が乳房に飛んできます、玉の汗が流れるようにし吹きでてきます、

悪寒が走る様に身体か震えてきます限界と観たのか、枷を外し

「いけ、扉は開けておけ」

私は、鼻フックを付けたまま一目散にトイレに飛び込み、大きな音を立てながら、

私は解放感に浸っておりました、

今までの痛みも嘘の様に消え、今度は快感が襲うのです、トイレを出ると、男性は

「其の汚いケツをワシに」

「・・・・」

「こい」

風呂場に連れて行きシャワーを掛けます、無論冷水と熱いお湯と交互に身体に掛け、

段々下に下がります膣に適度な刺激を与え、思わず

「中に入れて」

「早速、この味を覚えたか」

「はっ、いぃぃ」

シャワー口が膣に入れられ、子宮を刺激します、水は当然交互に切り替わります

シャワーグチを入れたまま座られされ、フラチォを命じます、

此の時は口のフックは外されており、即座に含みます

膣の中は水圧で刺激され、交互の温度差に刺激を受け、頭の中は、

肉棒の混入しか有りません。

「欲しいか、」

「はい」

「昨日教えただろ」

「チン○を入れてぐださい」

淀むことなく、言葉か出ます、一旦放した肉棒を又口に含み懸命に行いますが、

「へた」

云う成り、頭を引き寄せるようにして喉の奥まで入れ、肉棒の先から出る、

透明な液を流し込みます、下の口と上の口にシャワーが浴びせられます終わると

「下手だから罰だ」

完全に、男性の前では羞恥心のかけらも有りません、この様にして

二日目の調教は進みます、明け方には、私は性処理人間に成っていました、

虐められ、焦らされ、痛を・・全て

快楽に変化する別人と成って、生まれ変わり、此のプレイの終焉を恐れています

一睡もせずホテルを出て、駅の方に向かいます、前の列車内でのプレイを思い出し、

思わず膣が疼き溢れて来るのが解ります

途中の公園で男性は二人のホームレスの人と何か話ししております、

話が着いたのか私に歩み寄り、

「あの二人の、肉棒を咥えて来い」

「いぃ・・」

「出来ないか、ではお別れだ」

男性は、私が此の世界から抜け出せない事を知って要るようです、

私は渋々頷くと

「よし、口だけだ」

衛生具を手のひらに乗せると

「公衆トイレ脇の灌木のとこで、終わればお前に5円渡すから」

何と云うことか、最大の虐めです、しかし私はご褒美を頂けるものと

信じて二人のホームレスから5円を頂べく口に含みます

2.3回動かすと、衛生具の先に大量に出します、男性は全ての行為を観ています。

「お兄さん、もう終わり」

「へへへ、随分していないので」

「ゴム、其のまましといて」

男性は、私にショーツを脱ぐように命じると、ホームレスの男性一人に地べた

に寝るように云うと、私に、乗る様に命じます

もう一人の男性は私の前に逸物を突きつけ、

男性は私のアナルに入れてきます、男性の動きで自然に口も動きます下から

も突き上げてきます、私はこの様な状況でアクメに昇り詰める時間は左程かかりません、

今度は私が数度の動きで、白眼を剥く番です

この様にしてやっと公園を出た私は、次の期待に胸を膨らませています。

この様な事を幾ら書いても理解は出来ないでしょうネ

最後に、次の日曜日に男性は自宅に来て、股の内側に、刺青を施しました、

漢字で奴子(ドレコ)、今の私にはピッタリですわ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。